芦屋市内のマンション現場にて断熱と遮熱工事の為に内窓工事をさせていただきました♪

内窓 遮熱 断熱 防音
今回は芦屋市内の某マンション現場において遮熱と断熱工事の為に内窓工事をさせていただきました

ベランダ側にある掃き出し窓と掃き出しのすぐ横にある両片引き型の特殊な窓2カ所と玄関側の寝室の特殊な窓1ヶ所の計3ヶ所を工事させていただきました

こちらの画像がベランダ側の特殊な窓になります

ご覧のように両側の小窓が内側へとスライドして開閉する窓になります

真ん中の大きなガラス面はFIX(はめ殺し)になっておりました
内窓 遮熱 断熱 防音
このような特殊な窓にも同サイズで内窓を製作し取り付けることが出来ます

こちらの画像が内窓設置後の完成画像になります

今回の内窓のガラスは遮熱と断熱に優れたペアガラス(2重構造のガラスの中に特殊な金属膜を設けたガラス)をご採用いただきました

このガラスを使用することで日射が激しい窓でも熱線の居室への侵入を大きく防いでくれます

そのことにより居室空間の温度変化が少なくなり冷暖房の効きも良くなります
内窓 遮熱 断熱 防音
こちらの画像が工事前のベランダ側掃き出し窓になります

居室内にある全ての窓に内窓を設置することで、より大きく効果に期待が出来るようになります
内窓 遮熱 断熱 防音
こちらの画像が工事後の完成画像になります

内窓を工事するにあたり内窓の樹脂枠と樹脂製のガラス障子がピッタリと閉まりきることで気密が保たれます

ですから、取り付けの際には歪みが無いように確認しながら丁寧に取付けていきます
内窓 遮熱 断熱 防音
3ヶ所目は共用廊下側の窓になります

ご覧のように向かって左側が引違い窓で右側がFIX(はめ殺し)窓が連結された窓になります

この窓には内窓を取り付けるに必要な7センチの取り付け代が無い為、オプション部材の『7センチのふかし枠』が必要になります
内窓 遮熱 断熱 防音
まず初めに既設の方立て部(引違い窓とFIX窓の間のアルミ材)に干渉してくる上ふかし枠と下ふかし枠のヒレ部分を切り欠き加工していきます

こちらの画像が加工中の画像になります
内窓 遮熱 断熱 防音
こちらの画像がふかし枠のアルミ下地を設置した時の左側の画像になります
内窓 遮熱 断熱 防音
右側はこのような状態になります

上下左右共に7センチふかし枠を取り付け終えると専用の樹脂カバーをはめ込んでいきます
内窓 遮熱 断熱 防音
樹脂カバーをはめ込んだ後はガラス障子の荷重のかかる下枠の下部に専用のアルミ補強材を取り付けていきます

こちらの画像が補強材を取り付けている時の画像になります

補強材は白色のメーカー設定になります
内窓 遮熱 断熱 防音
7センチ用のふかし枠を取り付けた後は外窓と同じように引違いの窓とFIX窓(はめ殺し窓)間にアルミ樹脂複合の中間柱(方立)取り付けていきます

こちらの画像はまだ中間柱を設置する前の画像になります
内窓 遮熱 断熱 防音
次に中間柱位置の上下部に取付用のブラケットを取り付けていきます

こちらの画像が下部にブラケット取り付けている時の画像になります
内窓 遮熱 断熱 防音
上下にブラケットを取り付け終えた後、アルミ製の中間柱(下地材)をブラケットへと差し込みビスで固定していきます

その後、樹脂製の化粧カバー材を取り付けて中間柱の取付完了です
内窓 遮熱 断熱 防音
次にいよいよ、内窓の樹脂枠を作成した取り付け代へと取り付けていきます

こちらの画像が引違い窓側の内窓枠を取り付けている時の画像になります

この作業をはめ殺し窓(FIX窓)側も行い、その後ガラス障子を設置した枠へと建て込んでいきます
内窓 遮熱 断熱 防音
ガラス障子を建て込んだ後はカギ(クレセント)かかりや建付けの微調整を行い最大限、断熱性能が保たれるようにします

調整後は下枠補強とふかし枠の間に生じた隙間を同色のコーキングを充填していきます

こちらの画像がコーキング箇所にマスキングテープを貼っている時の画像になります
内窓 遮熱 断熱 防音
マスキングテープを適度な隙間をあけて2列貼り、その隙間にコーキングを充填していきます

こちらの画像がコーキング充填時の画像になります
内窓 遮熱 断熱 防音
こちらの画像が完成画像になります

内窓を付けることで断熱性能が高まり、熱気や寒気の流入を防いでくれますし冬の嫌な結露も大幅に抑制されます

また、騒音に対しても効果がありますから寝室に内窓を設置することで良質な睡眠がとれるかと思われます

このように内窓は1年を通して良質な効果を発揮してくれる商品なのです

とてもとても効果の高い商品ですのでおススメです

資料請求やご相談などございましたら、お気軽にお問合せください