神戸市内のマンションにてハキ出し窓のリフォームをさせていただきました♪

掃き出し窓 カバー工事
今回は神戸市内の某マンション現場において、掃き出し窓のリフォーム工事をさせていただきました

旧窓は歪みが大きくて片側は全く動かないような状態でございました

ですから、通常の方法では外れ無いので、ガラス障子をその場でバラシながら解体していきました

こちらの画像が解体後の画像になります

この開口の中に新ハキ出し窓枠を歪み補正しながら取り付けていくことになります
掃き出し窓 カバー工事
新ハキ出し枠を取り付ける為のアルミ下地材を旧枠内へ取り付けていきます

タテ2方と上枠&下枠の4方に下地材を取り付けていきます

こちらの画像が旧上枠内に下地材を取り付けている時の画像になります
掃き出し窓 カバー工事
こちらの画像が旧下枠に下地材を取り付けている画像になります

4方に下地材を取り付け後はいよいよ、新ハキ出し枠を下地材へと取り付けていきます
掃き出し窓 カバー工事
こちらの画像が『レーザー照準器』を使用して垂直と水平の確認作業を行っている時の画像になります

この作業を丁寧に行うことで隙間風なくしっかりと閉まりますし、とてもスムーズに動くようになります
掃き出し窓 カバー工事
新ハキ出し枠の取り付けを終えた後、新ガラス障子を建て込んでいきました

動作確認を行った後、外部側を気密性能と水密性能の保持の為、コーキングを施していきました
掃き出し窓 カバー工事
こちらの画像が工事完了後の完成画像になります

室内側の工事は元請け様により、まだまだ続くとの事でした

後日、お客様よりご連絡があり、『とても軽く動くようになりました!ありがとう!』とお礼をいただけました

動きの悪くなった窓はレールからの脱落(安全性能低下)や歪みによる隙間風(断熱性能低下)、カギのかかりにくさ(防犯性能低下)など、本来の窓としての機能が低下してしまいます

ガラスが組み込まれていることもあり、とても危険です
早期の対策をおススメします

窓の事でお困りごとなどございましたら、お気軽にお問合せください