宝塚市にて古くなった玄関扉を最新の扉へとリフォーム工事させていただきました♪

玄関扉リフォーム工事
今回は宝塚市内の某戸建て住宅現場において、古くなって使い勝手の悪くなった玄関扉を最新の扉へとリフォーム工事させていただきました

経年劣化による歪みでスムーズに閉まりきらなく隙間風が室内へと入ってきてしまう状態でございました

初めに玄関周りを傷つけないように養生作業を行います

旧扉とランマに組み込まれていたガラスを取り外していきました

その後、中間位置にある横桟を電動ノコギリを使い切断していきました

こちらの画像が切断作業している時の画像になります

電動ノコギリはすごいパワーですから、しっかりと握って作業を進めていきます
玄関扉リフォーム工事
横桟を撤去すると旧外枠のみを残した状態になります

この開口部に新しい玄関の枠を取り付けていくことになります

まず、旧玄関枠の開口がどのように歪んでいるかを『レーザー照準器』という工具を使い、計測していきます

こちらの画像が計測している時の画像になります
玄関扉リフォーム工事
歪みの計測を終えた後、一度新玄関枠をはめ込み、下地材を取り付ける位置をマーキングしていきます

また、この時に歪みをどのように補正するかの確認作業も行います

その後、一度取り外します
玄関扉リフォーム工事
取り外した後、画像のような部材(下枠巾木材)を計測した寸法に切断し、新玄関枠へと事前に取り付けておきます

他にもマーキングした位置に補強用の鉄板を取り付けていきます
玄関扉リフォーム工事
いよいよ、新玄関ドア枠を取り付けていきます

先ほど確認した歪みの補正方法で、垂直と水平を確認しながら丁寧に取付けていきます

この作業がいい加減ですと動作不良や隙間風などの原因になってしまいますから、何度も確認し丁寧に作業を行っていきます
玄関扉リフォーム工事
枠の取り付けを終えた後、玄関本体を吊り込んでいきました

断熱性能の高い、重量のある玄関ですから2人作業で安全に作業を行っていきます

取り込んだ後は動作確認と鍵位置の確認など行います

垂直水平に取り付けていれば何ら問題ございません
玄関扉リフォーム工事
こちらの画像が扉を閉めた時の画像になります

次に旧玄関枠と新玄関枠戸の隙間にコーキング材を充填していきます

この作業により外部と内部が隔てられるようにしっかりと内外から注入していきます
玄関扉リフォーム工事
コーキング注入後は旧玄関枠を覆い隠すために専用の化粧カバー材を現場に合わせて切断&加工して新玄関枠へと取り付けていきます

こちらの画像が外部側の化粧カバー材を取り付けている時の画像になります

この作業を室内側も行います

化粧額縁を取り付け後は壁との取り合い部に化粧コーキングを行っていきます
玄関扉リフォーム工事
こちらの画像が外部側の完成画像になります

工事で汚れた部分を清掃し、使用方法をお客様へご説明いたしました
玄関扉リフォーム工事
こちらの画像が室内側の完成画像です

隙間風に悩まされておられたとの事で大変、喜んでいただけました

断熱性能も防犯性能も旧タイプに比べて、大幅に向上いたしました

1日工事での玄関工事、とてもおススメです

資料請求などお気軽にお問い合わせください