西宮市内の住宅にて玄関ドアを電池錠式の断熱玄関へとリフォームさせていただきました♪

玄関リフォーム 電池錠
今回は西宮市内の某戸建て住宅現場において、電池錠式の断熱玄関へとリフォーム工事させていただきました

旧玄関ドアはアルミ製で冬場には結露が発生していたとの事でした

解決策として断熱性能の高い玄関へと取り替えることで結露抑制はもちろん、室内環境がとても快適に保たれるようになります

初めに旧玄関ドアと子扉や付属の金物類を全て綺麗に撤去していきます

こちらの画像が撤去後の画像になります
玄関リフォーム 電池錠
次に新玄関枠に取り付けに必要な部材類を事前に加工して取り付けていきました

枠を取り付けた後だと作業しづらい場合などは取り付け前に仕込む場合もあります

現場によりケースバイケースです
玄関リフォーム 電池錠
次に『レーザー照準器』を使い、旧玄関枠の歪みを計測していきます

新枠はこの歪みを補正しながら取り付けて垂直水平にしないといけませんから、この作業は慎重に丁寧に行っていきます

こちらの画像は計測後に旧枠の汚れを拭きとっている時の画像になります

玄関リフォーム 電池錠
ある程度、綺麗にしてから新玄関枠を取り付けていきます
玄関リフォーム 電池錠
旧枠側にも新枠をはめ込む前に補強板を事前に取り付けていきます

断熱玄関ドアはかなりの重量ですので、補強板を含めしっかりと取り付けていかなければなりません
玄関リフォーム 電池錠
いよいよ新玄関枠をはめ込んでいきます

計測した歪みを補正しながら専用のビスでしっかりと固定していきます
玄関リフォーム 電池錠
新枠がしっかりと取り付けられると次はドア本体と子扉を吊り込んでいきました

次に旧枠と新枠の間に生じた隙間にコーキング剤を充填していきます

この作業は外部側と室内側の2方向から行います

コーキング時間経過により固まってくると結束力が更に強固なものになります
玄関リフォーム 電池錠
次に旧玄関枠が見えなくなるように専用のアルミ製の化粧額縁を現場に合わせて切断加工して取り付けていきます

こちらの画像が外上部の化粧額縁を取り付けている時の画像になります
玄関リフォーム 電池錠
左右のタテ部も同様に取り付けていきます

これで旧枠はどこからも見えなくなりました

この作業は室内側にも行います

額縁工事を終えると額縁と外壁の取り合い部など、必要な個所に全てコーキングを施していきます
玄関リフォーム 電池錠
こちらの画像が外部側からの完成画像になります

写真を見ていただくと操作性の良い大きなハンドルはありますが、鍵穴(シリンダー)が無いかと思います

こちら玄関は電池錠タイプなので、最近の車のカギのようにリモコン(カードキーも可)操作でカギの開閉が出来るんです

今までのカギに比べても防犯性能はとても高くまた、操作性も良いですよ
玄関リフォーム 電池錠
こちらの画像が室内側からの完成画像になります

ハンドルの上にある四角い部品の中に電池を4本入れてあります

電池が切れそうになるとランプで知らせてくれるので安心してください

最後のお客様に使用方法をご説明し工事完了となりました

1日工事で終えることが出来、断熱性能や防犯性能が大幅に向上できることから、本当に最近良く販売させていただいている商品シリーズになります

出入り口の事でお困りごとやご相談等ございましたら、お気軽にお問合せください