スタッフブログ

玄関引戸リフォーム
今回は川西市内の某戸建て住宅現場において、古くなった玄関引戸を最新の玄関引戸へとリフォーム工事させていただきました

旧玄関引戸は経年劣化の為に動きが固く、また歪みが生じていることから隙間風あったり、カギのかかりが固かったりと大変お困りでございました

初めに旧玄関引戸本体を取り外し、画像のようにランマ部のガラスを取り外していきました
玄関引戸リフォーム
ランマ部のガラスを取り除くと画像のような横桟が残ってきます

この横桟が玄関引戸の上枠でもあり、ランマガラスを支えていた下枠でもあります

この横桟を周りを傷めないように養生してから切断撤去していきます

こちらの画像が切断作業中の画像になります
玄関引戸リフォーム
横桟を取り除くと外回りの旧玄関枠だけを残した大きな開口が出来上がります

この大きな開口に新玄関引戸枠を取り付けていくことになります
玄関引戸リフォーム
次にこの大きな開口がどのように歪みが生じているかを『レーザー照準器』という工具を使い、計測していきます

その後、新玄関枠を歪みを補正しながら取り付けていきます

こちらの画像が下枠の水平を確認しながら取り付けている時の画像になります
玄関引戸リフォーム
新しい玄関引戸本体は事前に工場にて組立てをし、画像のように段ボールで養生し、現場まで搬入いたします

組立時や運搬時、工事時にも傷が付かないように細心の注意を払い作業をおこなっております
玄関引戸リフォーム
新玄関枠を取り付け後は玄関引戸本体を新枠へと建て込んでいきます

吊り込み後は動作確認とカギのかかりを微調整して次の作業へと進みます

この時点ではまだ、旧玄関枠が内外ともにむき出しの状態なので、専用の化粧カバー材を現場に合わせて切断加工して見えないように覆っていきます
玄関引戸リフォーム
こちらの画像が室内側からの画像になります

玄関周りに白色などの短冊状の物が見えますが、これが歪みを補正するために挟み込んでいる『調整スペーサー』になります
玄関引戸リフォーム
こちらの画像が外部側の上枠に化粧カバー材を取り付けている時の画像になります

この作業を左右のタテ2方向と室内側も同様に3方向おこないます
玄関引戸リフォーム
こちらの画像が工事完了後の完成画像になります

工事完了後は工事場所回りをキレイに清掃し、工事前の状態へと原状復帰していきます

最後にご使用方法をお客様へご説明し、工事完了となります

工事完了後すぐに快適にご使用になることが出来ますよ

大変そうな玄関工事が1日でガラッと最新の玄関へと鳥毛が出来る『リフォーム専用の玄関シリーズ』が今、大変人気商品になっております

資料請求やお見積りのご依頼など、どうぞお気軽にお問合せください
シャッター
新築の家を購入したのですが、困っているので相談がしたいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、外部に面している窓が防犯が何もされてないとの事でした。湯から1m50cmぐらい上に窓が設置されている為、そのまま状態になっていました。
電動シャッター
そこでYKKAP『マドリモシャッター』をご提案致しました。リビングの為、防犯ができて、風が通り、換気が出来るようにスリットシャッターをお勧めしました。採寸した所、幅は広いですが、サイズ的に問題がありません。
スリットシャッター
しかし、写真のように窓の上部の隙間が100cm程しかありません。そこで『ボックス下げ』工法でシャッターを取付する事をご提案致しました。『ボックス下げ』工法ならば窓の上部が少しシャッターボックスが被る為、お部屋が多少暗くはなりますが、窓が大きいので、なにも問題が無いと思います。
ボックス下げ
床から上がっていても、やっぱり外部に面していては気持ちが悪いと思います。ここからハシゴを掛けて、登って来るとは思えないですが、防犯対策はした方が良いと思います。次回はスリットシャッターと費用の事もあるので、通常の電動シャッターの2種類、見積書を提出致します。
マドリモマンション用
マンションのベランダに出る大きい窓の事でご相談がしたいとお電話を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、ベランダに出る窓、2か所からの隙間風が酷く、この窓をどうにかしたいとの事でした。
隙間風
そこでYKKAP『マドリモマンション用』カバー工法ならば外壁を傷つけず、,既存の窓枠は残して、ひと廻り小さい窓を室外側がアルミで室内側は樹脂で断熱効果が高い、アルミ複合樹脂窓で取替する事をご提案致しました。
老朽化
『マドリモマンション用』カバー工法ならば外壁解体・他工事などが無い為に2台ならば、たったの1日で既存の隙間風が入って来て、寒い窓から最新の断熱窓に取替が出来ます。しかも今回はマンション管理組合側から補助金が出るとの事でした。
断熱
『マドリモマンション用』カバー工法にて、せっかくのせっかくのチャンスですから是非古い窓とも、おさらばして最新の断熱効果の高い『アルミ複合樹脂窓』にして下さい。弊社に戻り、見積書を作成致します。
玄関リフォーム
今回は西宮市内の某戸建て住宅改装現場にて玄関ドアを最新のモデルへとリフォーム工事させていただきました

元々の玄関は両袖+ランマ付きの玄関ドアでした

初めにランマ部と袖部に組み込まれてるガラスと玄関ドア本体を取り外していきました

こちらの画像がドア本体とガラスを取り除いた時の画像になります

画像のようにガラスとドア本体を支えていた横方向と縦方向にアルミ製の桟があります

このままですとこの桟が干渉して新しい玄関枠が取り付けできませんので、干渉する桟を電動ノコギリを使用して切断していきます
玄関リフォーム
こちらの画像がランマ部の横桟を切断している時の画像になります

キャタツ上での電動ノコギリの使用は安定した姿勢で行わないと危険ですから安全に留意して作業を進めていきます
玄関リフォーム
こちらの画像が干渉する桟を撤去後にレーザー照準器を使用して旧玄関開口部がどのように歪んでいるかを確認している時の画像になります

横手に置いている白色の物が新しい玄関のアルミ枠になります
玄関リフォーム
歪みの状態を計測できたらいよいよ、新玄関枠を開口部へと歪みを補正しながら取り付けていきます

新玄関は片袖+親子ドアタイプのデザインをご採用いただきました
玄関リフォーム
枠の取り付け完了後は子扉と親扉を新枠へと吊り込み動作確認をしていきます

この時にカギのかかりも確認して微調整も行っておきます
玄関リフォーム
こちらの画像が調整完了時の画像になります

次は室内側と外側共に旧玄関枠がまだ見えてきていますので、専用の化粧カバー材を現場に合わせて切断加工し、取り付けていきます

この作業により旧玄関は全く見えなくなります
玄関リフォーム
こちら画像の矢印部(茶色い部)がまだ、見えたままになっている旧玄関枠になります

この部分を覆って(カバー)していきます
玄関リフォーム
最後に袖部に断熱性能の高いガラス(ペアガラス)をはめ込みまた、必要な個所にコーキングを施して工事完了となります

こちらの画像が工事完了時に扉を開いた状態にした時の画像になります

この位置でドアがストップするようになっており、荷物を持って出入りする時などとても便利な機能です
玄関リフォーム
こちらの画像が工事完了時の完成画像になります

工事ででたゴミや汚れをキレイに掃除し、ご使用方法をお客様へ説明させていただきました

まだまだ、内装工事が続くとの事でしたので、玄関に傷などつかないように段ボールで養生を行いました

リフォーム用の玄関シリーズですと1日で工事を終えることが出来、工事完了後すぐに快適にご使用いただけます

メーカーもテレビCMなどおこなって力を注いでいますし、日本全国で大変、よく売れている商材になります

資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください
内窓 断熱 防音
今回は神戸市内の某マンション現場において、寝室の窓に2重窓用の樹脂窓を取付させていただきました

この樹脂窓のことを『内窓』と言います

寝室ということもあり朝方には窓は結露でビチャビチャであったり、窓の外がマンションの共用通路の為、人が通る度に気になったりと大変、お困りでございました

こちらの画像が内窓取り付け前の画像になります

上側の引違い式の腰窓と下側の嵌め殺し(FIX)式の横長な窓に内窓を取り付けていきます
内窓 断熱 防音
まずは上側の腰窓に内窓を取り付けていきました

内窓用の樹脂枠を外窓の内側へ取り付けていきます

お客様と奥行き側の取付位置をご相談させていただき、取り付けていきます

樹脂枠取り付け後はガラス障子を建て込み樹脂枠にピッタリと閉まるように調整の出来るコマで微調整を行っていきます

この作業により気密が保たれ製品本来の断熱保温性能や防音性能が保たれます

最後にクレセント(窓のカギ)も調整を行い引違いタイプの内窓、工事完了となります
内窓 断熱 防音
次は横長のFIX窓に内窓を取り付けていきます

FIXの内窓も先に樹脂枠を既設の窓の内面へとビス止めしていきます

低い位置での作業ですから座して行いました

また、すぐ後ろにベッドがありましたので汚れないように先にビニール養生をおこなっていきました
内窓 断熱 防音
こちらの画像が樹脂上枠を取り付けている時の画像になります

高さが小さいFIXですから電動ドライバーも入りませんでした

そこで画像のように左手で握っている赤色の工具を使いビスを取り付けていきました

この工具を使うことによりドライバーが90度曲げれるようになり、このような狭小部の取り付けに使用します
内窓 断熱 防音
樹脂枠を取り付け後はガラス障子を建て込み、外れ止め部品を取り付けてFIX窓工事完了です

こちらの画像がFIX内窓の工事完了時の完成画像になります

まだまだ、寒い日が続きますがお部屋を簡単に暖かく快適に出来るのが『内窓』になります

費用対効果がとても良い商品ですのでとてもおススメです

資料請求やご相談などございましたら、お気軽お問い合わせください