スタッフブログ

シャッター
シャッターの事でご相談したいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、既存の電動シャッターを手動式に取替をしたいと言う事でした。手動から電動に取替したいと言う事は良く聞きますが、それと全く逆な事を言っていらっしゃいます。
手動シャッター
電動から手動シャッターに取替したい理由をご確認した、シャッターに非常開放装置が付いていない為、何かあると困るので、いつ何時もシャッターを開けれるようにしたいとご希望でした。
IMG_0490
電動から手動シャッターにするならば、シャッターボックス箇所を解体して、既存の枠と付いている箇所はそのまま残し、新しいシャッターを設置します。そのためには写真のシャッター下枠箇所に通っている、クーラー配管を電気工事にて移設します。
IMG_0499-e1638269171427
配管関係は何とか交わす事が出来ると思います。次回訪問時にクーラーの配管移設、電気工事を含む、見積書を提出致します。施主様からどうしてもお願いしたいとご依頼を頂きました。
賃貸内窓
今回は西宮市内の某賃貸マンション現場において、賃貸用の内窓を取付させていただきました

賃貸物件ですから、既設の窓枠(木質)にビス穴を開けるわけにはいきません

窓木枠の取り替えには大工さんやクロス屋さんの工事が必要になり、費用面でも大きくなってしまいます

賃貸では内窓を設置できない・・・。
と思われている方も多いかと思います

賃貸用の内窓というものがあり、設置して断熱効果や防音効果を高めることが出来るんです

こちらの画像が賃貸内窓、取り付け前の画像になります
賃貸内窓
まず初めに既設のアルミ製の窓枠のアングルビス(室内側の木窓枠を固定しているビス)というビスを全て抜いていきます

その後、賃貸内窓用の木質の枠を専用の金物で取り外したアングルビス穴を利用して取り付けていきます

こちらの画像は新木質枠に気密スポンジを張り付けている時の画像になります
賃貸内窓
上下ヨコ⇒左右タテの順に新木枠を取り付けていきます

こちらの画像がタテ木枠を取り付けている時の画像になります

見えにくいですが右手に持っているのが専用の取付金具になります
賃貸内窓
こちらの画像の窓側に均等に並んでいる金物が取付金物になります

新木枠を上下左右取り付けを終えると、いよいよ内窓の樹脂枠を新木枠にビス止めしていきます
賃貸内窓
こちらの画像が賃貸内窓取付完了後の完成画像になります

見た目には木枠が2重になるくらいで普通の内窓とほぼ同じ感じです

退居される時は取り付けた順に取り外していき、元々のアングルビスを元に戻せば、どこにもビス穴が開いていたりすることもございませんよ

賃貸でも冬は暖かく、夏は涼しく=断熱対策
電車や車の音の削減や良質な睡眠の安眠効果向上の為、の防音対策

快適な居住空間を賃貸内窓で手に入れられてはいかがでしょうか

お見積りはや相談など、ございましたらお気軽にお問合せください
内窓
新しいマンションに引っ越してきたので、内窓の件で相談したいとご連絡を頂きました。早速現地に伺ってお話を聞いた所、以前のマンションでも内窓を付けていたので、ここにも断熱対策で内窓を設置したいと言う事でした。
プラマードU
しかし今回は窓廻りが取付可能か不安だと言う事でした。早速下見をさせて頂いた所、まずは内窓を付けるには、窓枠が15mmしかない為、70mmふかし枠がひつようです。そして写真のように壁とカーテンレールの隙間はフカシ枠を付けても壁には寸法的に当たりません。
断熱
下枠箇所ですが150mm程、床から上がっています。70mmフカシ枠を付けて、下枠補強をしないと内窓が落ちてしまい、落下事故が起こりますので補強材を設置します。
結露
最後に網戸も新調したいとご希望でした。網戸は何の問題もなく、新しい網戸に取替が可能です。

最後にお引越し中で忙しい時に現場調査をさせて頂き有難うございました。
雨戸
いつもお世話になっております。N様から雨戸が閉まらないとお電話を頂きました。早速現地に伺いお話を聞いた所、今の雨戸が故障して、何年も開閉していないので、昼間は開けて日差しを取り入れたいので何とかして欲しいとの事でした。
後付け雨戸
同じ雨戸に変えて下さい。と言われたのですが、YKKAPのハイシャッターと言う、ジャバラ式の折りたたみ雨戸商品で現在は廃番商品でありません。そこでYKKAP『マドリモ 後付け雨戸』をご提案しました。戸袋箇所の幅が少ないので簡易壁を作成して設置します。この内容でご依頼を頂きました。
マドリモ
初めに既存のハイシャッター枠を取り外します。戸袋側のコンクリートと焼杉に埋まった箇所はそのまま置いて置きます。新しい雨戸枠の戸袋箇所を加工して取付します。窓が少し隠れますが、300mm程、戸袋箇所に木壁を作成します。
防犯
部屋内から撮った写真です。簡易木壁の完成です。後は戸袋箇所をビスで固定して、建付けと鍵を調整して工事の完了です。

施工後、長年雨戸を開けてなかったので、これから毎日、開閉できると喜んで頂きました。
DSC_0038
玄関ドアの閉まりが悪いので見て欲しいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、玄関ドアが外部からは開くのですが、室内側からは開ける事が出来ず、現状は勝手口ドアから外出していると言う事でした。
鍵
確認してみるとドア本体の側面にある、錠ケースのラッチ箇所が外部からハンドルを引きと動くのですが、室内側から押すと動かない場合があります。これは錠ケースを替えると修繕出来ると思うのですが
リフォーム玄関ドア
写真では少し見ずらいのですが、ステンレスの切り板箇所が凸凹しています。これはステンレス切り板の下部が錆びて、ステンレスを押し上げて、このような状態になっていると思います。
ドアリモ
そこでYKKAP『ドアリモ』にて玄関ドアを取替する事をご提案致しました。ドアリモならばたったの1日でリフォーム玄関ドアが取替出来ます。この後、せっかくならばと換気が出来る、通風仕様のドアにしようかなとデザインを選択して頂きましたので、次回はこの内容で見積書を提出致します。