スタッフブログ

テラス屋根
いつもお世話になっております。T様から玄関廻りの事でご相談したいとお電話を頂きました。早速現地にて下見に伺いお話を聞いた所、現在4台の自転車を玄関廻りに置いているのですが、雨が降ると濡れてしまい困っているとの事でした。2階のベランダ下部の軒先に入れても自転車が軒先よりもはみ出てしまいます。
ソラリア
それとついでにお隣の窓箇所を遮りたいと言う、ご希望をお聞きしました。そこでYKKAPテラス屋根『ソラリア』を玄関廻りの床の形状が台形の為、屋根をフラット型+奥の側面のみ側面パネル仕様にして、お隣の窓箇所を遮る事を提案致しました。
雨除け
物置は今の位置より少し前に出し、外壁の横に側面パネルがつく為、セメントブロック1個の幅(約400mm)が少し物を置くのにジャマをしますが、問題はないと言う事でした。
寒さ対策
それと1階のリビング箇所に内窓を断熱対策で2台追加したいとの事でした。これで3回目の内窓設置の為、何の問題もなく取付が可能です。これまで2階取付させて頂き満足していますとの事でした。宝塚市
プラマードU
マンション寝室の事でご相談したいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、寝室の窓からの冷気が凄く寒く寝る時にこの寒さをどうにかしたいと言う思いで内窓を義検討しているとの事でした。
断熱
まずはベランダ側の掃き出し窓ですが、写真のように窓枠の見込みが10mm程しかありません。通常、内窓を設置するには70mm見込みが必要です。そこで今回は4方枠70mmカーテン補強フカシ枠を使用して設置致します。
防音
しかし普通に4方枠70mmカーテン補強フカシ枠を付けても内窓プラマードUの重みで下枠が垂れてしまい。内窓が倒れますので、そのような事がないようにフカシ枠の下に下枠補強材を入れて、安心して使用して頂きます。
結露
隣にある、腰窓も同じ状態なので、同様の仕様で設置致します。それと窓の鍵(クレセント)が大きいので、内窓に操作時に干渉するかをご心配されていましたが、寸法確認した所、問題なく操作できます。この内容にてパソコンのメールにて見積書を提出致します。西宮市
窓
雨戸が締まらないのと窓の鍵が締まらなくて困っているとご連絡を頂きました。早速現地にて下見に伺い確認した所、窓が閉まっているのですが、隙間が20mm程、開いている状態でした。この状況では窓の鍵(クレセント)が閉まりません。
シャッター
YKKAPの雨戸(ハイシャッター)も建付けが悪く、動かすのが大変で施主様の力では開閉が出来ず、鍵も掛けれない状況で何とかして欲しいとご依頼を頂きました。そこで窓はカバー工法にて、新しい窓に取り替えをご提案しました。窓は開閉がスムーズに出来れば良いとの事なので、既存のサッシ枠にアルミの曲げ物を設置して、YKKAP『フレミングJ 内付けサッシ』を取付。
クーラー
既存のハイシャッター(雨戸)は取り外し、これからの事も考え、YKKAP『マドリモシャッター』にて電動シャッターにする事をご提案しました。しかし写真のように窓の上部にクーラーの配管があり、このままだと設置が無理な為、クーラー配管を移設、そして電動シャッターの電気を室内の電気コンセント箇所から頂きます。
YKKAP
後日この内容で見積書を提出して、ご注文の依頼を頂きました。年末に依頼を頂いた為、工事は来年になります。施主様からは早く工事をして頂き、窓がスムーズに開閉出来て、換気をしたい。そして何より現状の雨戸は自身では開閉する事が出来ないので、電動シャッターで開閉して、光を部屋に取り入れたいとの事でした。尼崎市
リフォーム玄関
今回は西宮市内の某戸建て住宅現場において、古くなった玄関を新しくリフォーム工事させていただきました

古い玄関は木製の玄関ドアで経年劣化の為に開閉にがたつきが生じている状態でございました

その為に玄関枠との間に隙間が生じており隙間風でお悩みでした

こちらの画像が旧玄関ドアの画像になります

まず初めに旧玄関ドア本体を取り外していきまして、その後袖部とランマ部のガラスを取り外していきました

ガラスを全て撤去した後に旧外枠以外の干渉してくる木桟を切断撤去していきました

外枠のみを残して大きな開口の出来上がりです

その大きな開口の中に新しいリフォーム専用の玄関枠を取り付けていきます
リフォーム玄関
こちらの画像が新玄関枠を仮固定した時の画像になります

この時に垂直と水平を確認しながら丁寧に取付けていくのがポイントになります

新玄関も従来通りの片袖+ランマタイプのデザインをご採用いただきました

玄関本体の高さが前の物より少し大きくなっております
リフォーム玄関
枠の仮固定を終えた所で新玄関本体のドアを吊り込んで動作確認を行いました

この画像がその時の画像になります

その後、動作に問題なっかたので本固定作業を行っていきました
リフォーム玄関
こちらの画像が本固定作業完了後の画像になります

次に袖部とランマ部にガラスをはめ込んでいきます

こちらのモデルの玄関のガラスはペアガラスと言って2重構造の断熱性能の高いガラスになっております

玄関内部の保温性能が高くなりますね

ガラスはめ込んだ後は室内側と外部側の旧玄関枠を覆い隠すように専用のカバー材で現場に合わせて加工して取り付けていきます

ですから、工事完了後はどこから見ても旧玄関部分は見えてきませんよ
リフォーム玄関
こちらの画像が工事完了後の完成画像になります

隙間が無くなりましたし、断熱性能の高い玄関ですから外部と内部がしっかりと仕切られて室内がとても快適になりました

お客様にも大変、喜んでいただきました

こちらの現場でほぼ、1日工事で終えることが出来ました

リフォーム専用の玄関シリーズですと自社施工ですべて行えますのでお客様への工事のご負担も最小限に抑えられるかと思います

資料請求やお見積り等ございましたら、お気軽にお問合せください
階段落下防止扉
今回は尼崎市内の某戸建て住宅現場において、階段の2階部に落下防止用の扉を設置させていただきました

近々、ご入居だという事でリフォーム最終頃の工事でした

工事個所周りに傷付けないようにしっかりと養生を行いました

こちらの画像が落下防止扉取付完了後の完成画像になります

フシ目の無い綺麗な白木ですが、このままだと手あかや汚れが付きやすい状態でなんです

汚れが付きにくいように後日、塗装屋さんが塗装されるとの事でした
階段落下防止扉
こちらの画像が階下からの完成画像になります

扉の戸先側と吊元側に扉用の柱を垂直に固定して、その柱に扉を吊る為の丁番を設置いたしました

柱の垂直を出すのに壁との間にスペーサを挟んで固定する為、どうしても壁との間に隙間が生じてしまいます

この隙間は壁紙と同じ白色のコーキング材を充填し隙間を塞いでいきました
階段落下防止扉
こちらの画像が扉を開けた時の画像になります

動作確認を行い問題ないことを確認しました

最後にこの扉に簡易な錠を取り付けていきます
階段落下防止扉
こちらの画像が錠を取り付け終えた画像になります

横にスライドすることで施錠と開錠が行えるタイプになります

当店ではこのような室内用の扉やドア、引戸やふすま等も取り扱っております

室内の建具の事でお困りごとなどございましたら、お気軽にお問合せください