スタッフブログ

2重窓
目の前が幹線道路の為、外部からの騒音が気になるので、何か対策をしたいので、相談に乗って欲しいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を聞いた所、まずは何より騒音を少しでも抑えたい、そして冬場の断熱対策をしたいとの事でした。ガラスのみ交換する事も検討しましたが、今回は効果が高い内窓で見積りする事になりました。
IMG_7039
初めにリビングの掃出し窓の採寸から始めます。窓枠見込みが40mmの為、3方フカシ枠40mm(下枠無し)の仕様になります。下枠は写真のように下枠と床の高さが10mmの為、厚さ10mm、奥行き40mmの下地材(トガ材)を設置してその上に内窓を取付します。
プラマードU
そしてリビングと寝室の取り合いの窓は間仕切り枠が干渉するのですが、下地木材を足して、間仕切り枠も利用して内窓の縦枠(見込み70mm)が納まるように致します。残りの3方は見込み45mmある為、通常の25mmフカシ枠を利用して取付します。
断熱対策
そしてガラスの仕様ですが、断熱LOWEガラスと一般複層ガラスとの金額の差も見て、検討したいとおっしゃって頂きましたので次回訪問時に2種類の見積書を提出致します。兵庫県芦屋市
木製ドア
本日はいつもお世話になっている、S社様の事務所と管理室の入り口の木製建具開きドアの取替工事に伺いました。
建具
最初に既存木製開きドアを解体します。まずはドアクローザー(開閉時にゆっくり閉まる、ドア上部に付いている部品)を取り外します。そしてドア枠と開きドア本体に付いている、丁番を外します。後は握り玉と錠ケースも取り外します。
ドア上部部品
そしてドア枠に新しい丁番、前回使用していた同じ物を設置します。そうすれば前に丁番を付けた箇所の加工した物も見えずに綺麗に納まります。ドア枠側の丁番を付けた後は木製開きドア本体側に建て付けを合わせて取付します。
ドアクローザー
ドア本体が付いた後はドアの開閉をゆっくりと動作させる為にドア上部に付いている、ドアクローザーを取付します。そして最後にレバーハンドルを取付、動作確認をして木製開きドア取付工事の完成です。
レバーハンドル
管理室のドアはサイズは同じですが、防犯の事も考えて、鍵付きの間仕切り錠仕様にしています。施工後、担当の方からドアが閉まる時にバタンとすごい音がしてすごくストレスを感じてました。これで落ち着いて仕事が出来ると喜んで頂きました。兵庫県伊丹市
開きドア
いつもお世話になっているS社様から事務所と管理室の入り口のドアを見て欲しいとお電話を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、ドアが閉まる時にバタンとすごい大きい音がするのと見た目にも老朽化でドアの様々な箇所に傷があり、みっともないと言う事でした。
木製建具
管理室の入り口は電気・電話線が邪魔して閉める事が出来なくて困っているとの事でした。ドアの老朽化は事務所入り口と同じような感じでした。この2か所を取り合えず何とかしたいとの事でした。
木のドア
そして何よりも困っているのが、事務所入り口は鍵は無くてよいのですが、管理室は鍵付きのドアにしたいとの事でした。そこで事務所入り口はレバーハンドル仕様の空錠、そして管理室はレバーハンドル仕様の間仕切りシリンダー錠にする事をご提案致しました。
丁番
ドア枠の採寸確認時にドア本体は木製ですがドア枠はスチールです。切り込みをして設置している為、同じ寸法のドアを吊る丁番を使用しないとハジ(過去の丁番を切った後)が見えて、せっかく新しくするのに勿体ない事になりますので同じサイズの新しい丁番を使用してドアを取付する事をお勧めしました。兵庫県伊丹市
三和シャッター
本日はいつもお世話になっている、K社様に手動シャッター取替工事に伺いました。台風災害の影響でご注文頂いてから約2か月お待ち頂きました。
シャッター
まずはシャッターを途中まで降ろして、ガイドレール(シャッターが通る箇所)から離して、写真のように5・6スパンずつ外に出して解体して行きます。ある程度シャッターが取れた所でシャッターボックス本体の中にある、シャフトごと取り外します。
シャフト
今回は防虫ネットとレールを再利用する為にシャッターボックスは再利用致します。そしてシャッターの軸となる、新しいシャフトを設置します。その後にシャッター本体、最後にガイドレールを取付して三和シャッター製手動シャッターの取替工事の完成です。
防災
施工後、工場長様に動作確認して頂きました。開閉が楽になり、鍵も普通に掛かると喜んで頂きました。そして何より驚かれたのが工事を始めたのが15時過ぎ、完了したのが16時30分頃なので1時間30分で完了するのですねとおっしゃって頂きました。兵庫県尼崎市
シャッター
いつもお世話になっているK社様から工場のシャッターが開閉しづらいので確認して下さいとご連絡を頂きました。早速現地にて確認した所、シャッターが降りてくる、ガイドレ^-ルがぐらついていたり、鍵も掛かりづらい状況でした。昨年の台風時からおかしいとの事でした。
三和シャッター
工場長とお話をさせて頂き、もう30年以上も使用しているのでそろそろ替え時かなと言う事になりました。現在は手動シャッターをご使用頂いてますが、せっかくなので工場の出入り口にもなっていて、頻繁に開閉する事も解っているので、ワンタッチで開閉が出来る、電動シャッターをお勧め致しました。
電動シャッター
シャッターボックスの下から付いている、虫よけのネットは再利用したいので、虫よけネットのレールはそのままにしておいて欲しいとの事でした。確認しますと溶接で取付している、スチールの曲げ物に設置しています。
手動シャッター
そこで今回は現在、使用されている三和シャッター製のシャッターを選択しました。三和シャッター製の物ならばシャッターボックス箇所はそのまま再利用、シャッターボックスの中身のシャフトなどは新しい物に取替。もちろんグラついているガイドレールも取替します。後日、電動・手動シャッターの2種類の見積書を提出して、手動シャッターでのご注文を頂きました。兵庫県尼崎市