スタッフブログ

木製雨戸
以前の台風被害でガラスを割れ替え工事させて頂いた、N様から雨戸が動きづらいので見に来て欲しいとお電話を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、前から雨戸板を開閉する時に重くて動きがわるく操作がしにくかったのですが、最近は尚、酷くなり毎日、雨戸板を開け閉めするのに疲れるとの事でした。
雨戸
写真のように木製雨戸板に穴が空いています。私も開閉したのですが相当に難しいです。女性の力では大変だと思います。そこで雨戸板の戸袋は既存の物を使用して、上の雨戸板が入っている鴨居箇所を埋木して、下レールは取り外し、上下に新しいコの字レールを付けて、建て付けも水平レーザー機で確認した所、10mm程悪いので、戸先側のたて枠にもコの字レールを付けて、隙間が見えないように仕上げをする事をご提案致しました。
木製窓
以前、台風時に割れ替えをした木製の窓も開閉しづらいし、鍵も昔の仕様で押し込んで回す時に合ってないと鍵が掛からないので、めんどくさいし台風時にガタガタ揺れるのとガラスと枠の間からも隙間風が入り、寒いとの事でした。そこで木製の窓を取り外し、内付けサッシの複層ガラス仕様の物に取替をする事をご提案致しました。
下屋
幸い、下屋がありますので足場はなくても、取付が可能です。施工時は注意が必要です。少しでもお安く出来る事を背y巣様は考えていらっしゃたので良かったと思います。次回はこの内容で見積書を作成して提出致します。伊丹市
マドリモ
以前、2重窓を取付させて頂いた、T様が弊社が毎年出展している『吹田産業フェア』に起こしになった時にリビングの窓を断熱対策したいとお話を頂きました。数日後、現地にてお話を伺った所、2重窓は快適で良いのですが、通常の掃き出し窓は以前、工事した時にはそのまま残し、使用していこうと思いましたが最近、開閉がしづらいのと老朽化が目立ち、新しく取替したいと思うようになりましたとの事でした。
マドリモ
せっかく新しくするのであれば、現状の1枚ガラスとアルミサッシでは寒いので、断熱対策をしたいとの事でした。そこでYKKAP『マドリモ』サッシカバー工法でアルミ複合樹脂サッシをご提案しました。アルミ複合樹脂サッシとは外部がアルミで内部が断熱に優れている、樹脂部材で出来ています。
断熱対策
早速、採寸をした所、以前に私が取付した、2重窓が邪魔をして、現状のままだと設置が不可です。写真のように新しいサッシが2重窓の枠に当たってしまいます。そこで、以前に付けた2重窓を一度、取り外しして、新しいサッシを取付した後に15mm程下地材を入れて、部屋内側にフカシます。そうすれば当たる事もなく、新しいサッシと2重窓で快適な冬の生活が出来ます。
マドリモ樹脂窓
リビングと洋室にある、腰窓サイズの窓は以前から付いている2重窓も老朽化が進んでいます。新しいサッシにプラス付けると内部側に70mm出て来ます。そこでこちらはアルミ複合樹脂サッシよりワンランク上の『マドリモ 樹脂窓』に取替する事をご提案致しました。次回、この内容にて見積書を提出致します。伊丹市
サッシカバー
本日はマンションの窓取替を既存の枠は残して、新しい窓を取付するカバー工事に伺いました。まずは既存2枚引き違い窓を取り外します。FIX窓はガラスのみを取り外し、その後に中桟をサンダーにて切ります。そして上横枠、両たて枠の中にコの字のアルミ下地材を嵌め込みビスにて固定します。
プローゼ
そしてレーザー水平器で下枠とたて枠、そして前後の建て付けを確認致します。その後に既存枠よりひと廻り小さい新しい枠を建て付けを合わせ取付します。下枠は窓の重みが掛かる為、通常のビスで固定する場所はあるのですが、さらに強化する為に下枠下部と床にLアングルを固定して、Lアングルに対してビスで固定します。
マンション窓
そしてFIX窓も同じように取付します。建て付けを合わせる為に新しい枠と先程、設置したアルミのコの字下地材にパッキン入れてビスを固定しているので隙間が出来ます。その隙間をそのまま仕上げてしまうと風が入り冬場寒い思いをする音になりますので、コーキング材を注入して隙間を埋めます。
アルミ
その後にアルミ1.5mm厚のLアングルを指定の長さに加工した物をステンカラー色に焼き付け塗装した化粧材をアングルピースにビスにて固定します。そうすれば先程、コーキングを注入した場所は見えなくなり、綺麗に仕上がります。今回は引き違い窓とFIXが方立部材で繋がっている為、そこにも化粧材を設置します。最後にアルミ化粧材廻りをコーキング仕上げします。外部もコーキング仕上げして完成です。尼崎市

※マンションの窓も1日で簡単に取替が出来ます。窓でお困り方は弊社までお気軽に問い合わせ下さい。
サッシカバー
窓の事で相談したいので1度、近くに来た時にでも寄って下さいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、昨年の台風時に風で窓がガタガタして怖かったのと開閉もしづらく、老朽化が進んでいて、窓ガラスも1枚のガラスなので新しくしたいとの事でした。今回、伺ったお客様はマンションにお住まいなのでマンションの管理者から許可を取っているかご確認しました。すると窓を変えるのは個人の自由で出来るとの事でした。そこを確認なく、窓を取替すると後からご迷惑を掛けてしまいます。
マンション窓取替
そこでビル用サッシでLIXIL社製のプローゼが良いと施主様から言われました。私もよくマンションの窓をカバー工事にて取替する事が多いのですがお客様からプローゼでと言われた事がなく驚きました。インターネットにて調べたとの事でした。断熱対策もしたいのでLOWE複層ガラス5mmトーメイガラス+空気層+3mmトーメイガラスの仕様が良いとの事でした。
プローゼ
お話も一通り終わりましたので、採寸させて頂きます。まずは和室の腰窓サイズの窓ですが窓の前に鴨居が付いていますので、確認した所、以前使用していたが現在は使用していないとの事でした。窓は取り外し、既存枠は残しカバー工事をする為、細かく採寸をします。よく見ると窓枠材に割れた箇所が数か所ある為、そこが見えないように最終、アルミ化粧材の寸法を仕上げます。
窓取替
リビング側は引き違い窓+FIX窓の為、特に注意が必要です。以前の色はシルバー色で今回は色をステンカラー色を選択されましたので、引き違い窓とFIX窓を繋いでいる部材、方立も色を変えなければ行けません。方立は部屋内側も外部側もアルミ切り板1.5mm厚をステンカラー色に焼き付けして使用します。部屋内側の化粧材も同じで曲げ物を使用します。そうすれば全てのアルミ箇所がステンカラー色に変わります。尼崎市
旧玄関ドア 玄関リフォーム
今回は尼崎市内の某戸建て住宅現場において玄関ドアを新しくリフォームさせていただきました

旧玄関は経年劣化の為に開閉に不具合が生じており、カギもかかりにくい状態でございました
]
そして、今回は玄関と室内側に収納網戸の工事もあわせてご用命いただきました

まず初めに旧玄関本体とランマ部のガラスを撤去して、ランマ部にある横桟を切断撤去していきました

こちらの画像は旧玄関の画像になります
玄関リフォーム
こちらの画像がリフォーム工事完了後の外部側からの画像になります

旧玄関はノブ式のハンドルでしたが新玄関はレバーハンドルで操作性が向上いたしました

新玄関はランマ部を少し小さくされており、開口高が広くなり開放的になりました

お客様にも大変、気に入っていただけました
玄関リフォーム
こちらの画像が扉を開いたところの画像になります

この画像の位置で扉が止まるようにドアクローザーという金物で調整いたしました

両手に荷物を持っている時など、とても便利な機能になります
玄関リフォーム
こちらの画像が室内側の完成画像になります

内外とも気密と水密を向上させるために周囲をコーキング施工をおこないました

カギも新しくなり軽やかに施錠・開錠できるようになり、お客様に喜んでいただけました
玄関リフォーム 収納網戸
こちらの画像が収納網戸を取り付けた後の画像になります

見えにくいですが隙間なく網戸が玄関を覆っております

玄関を開いたまま通気ができてとても便利ですよ

玄関や勝手口の事でお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください