スタッフブログ

テラス屋根
玄関前のアルミテラス屋根の事で相談したいとご連絡を頂きました。早速現地にて確認した所、テラス屋根が下に落ちてきて、危ない為、知り合いの大工さんに木材で補強して頂いたとの事でした。いつまでも木材で支えている訳にも行かないし、セメントブロックも傾き、危険な状態です。何とかして下さいとの事でした。
波板ポリカ
まずはアルミテラス屋根の波板ポリカ屋根材仕様ですが、新しいアルミテラス屋根に取替をご提案しましたが、他の事も有るので、安価にしたいとの事でした。そこで、既存のテラス屋根をアルミ材の梁で幅面を受けて、梁を75mmのアルミ角柱で支え、柱の固定は部材を使用して乾式方法で床に止め、前のセメントブロックにもコの字でしっかりと固定します。
セメントブロック
そして玄関前の前に倒れているセメントブロックはすぐに解体、門戸も解体して、新しくセメントブロックを現状のように高く積むのではなく、4・5段積みにしてアルミ目隠しフェンスを取付、今の門戸の位置は開口を開けて、アルミの角柱で鳥居のように組み、角柱を地面をハツリ、固定した後に新しい門戸を取付する事を提案致しました。
門戸
見積書を提出して、数日後にご注文の依頼を頂きました。工事内容は次回のブログにて報告致します。兵庫県尼崎市
IMG_6398
いつもお世話になっているS様から、1階リビングの断熱と防犯対策をしたいので、相談に乗って欲しいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、リビング縁側の4枚引違い窓の外部に防犯の為、電動シャッターと窓が大きくて窓際にいると寒い為、以前付けた内窓を取付して欲しいとの事でした。
ジャバラ雨戸
外側から現状を確認させて頂きます。今はYKKAPのジャバラ式の雨戸を使用されていらっしゃいます。雨戸を納めている、戸袋の端から戸先まで幅が3127mmも有ります。施主様のご希望で庭を見る為、中央に方立(シャッターを2連)にしたくないとの事でした。
マドリモシャッター
窓の上部にはモルタルの庇があります。窓と庇の間の隙間は100mmしかありません。住宅用の電動シャッターでは幅が足りず、取付が出来ません。そこで文化シャッター製の店舗用シャッター『セーヌ』をご紹介しました。セーヌならば電動で幅も3127mmでも取付が可能です。庇は解体してラスカット(モルタル仕上げの下地材)を貼り、左官で仕上げ、モルタルが乾燥したら塗装で仕上げます。
内窓
内窓は以前に施工した方法、窓枠が短い為、3方を鳥居のように囲い内窓用の窓枠を作成します。その中に内窓を取付します。ここの窓は西日がきついとの事で遮熱LOWEガラスをお勧めしました。次回、訪問時に見積書を提出致します。兵庫県伊丹市
マドリモシャッター
近くで空き巣被害が出たので、何か防犯対策を考えたいとお電話を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、リビングの大きい窓が特に心配なのと台風時に窓がかなり揺れて怖かったので防犯と台風対策として雨戸を付けたいとの事でした。
雨戸
外部側を確認した所、雨戸を設置するにも雨戸板を収納するスペースがありません。窓が大きいので窓ガラスの後ろに無理やり付けては如何ですかとアドバイスを頂きましたがそれではあまりにも仕上がりがブサイク、何よりお部屋が暗くなるので何か別の方法を考える事にしました。
マドリモシャッター
それならばシャッターをと思い窓の上部を見た所、100cmぐらいしか設置場所がありません。そこで最近、発売されたYKK AP『マドリモシャッター』には85mm設置場所があれば取付可能なボックス下げ工法があります。窓の上21cm程、幅面が隠れ、部屋が少し暗くなりますが納まり的にも綺麗ですし、電動シャッターで開閉も楽々に出来ます。
YKKAP
施主様にマドリモシャッターを提案させて頂いた所、無理やり雨戸を付けて部屋が暗く、そしてブサイクになる事を思えば電動シャッターの方が楽だし、防犯にも台風対策にもなると納得して頂きました。大きい窓の為、ガラス部に防犯フィルムガラスの設置も加えて見積り依頼を頂きました。兵庫県芦屋市
シャッター
2階和室(寝室)の引違い窓を台風対策の為にシャッター付きの窓に取替する工事に伺いました。寝室でもあるので、台風時に飛来物が来ても守れるようにします。
足場
最初に既存、引違い窓を解体する為に簡易足場を設置します。そして引違い窓の枠を取り外す為、モルタル外壁をサンダーにて切ります。この時、すごく埃が発生する為、必ず窓ガラスを閉めて、部屋の中に入らないようにします。今回はベランダのスチール手摺が新しいサッシに干渉するので手摺も加工します。
台風対策
写真のようにシャッターボックスの寸法も壁をカットします。既存の引違い窓の枠はモルタルを処分した後、釘を外して取り出します。これにて解体工事は完了です。次に新しいシャッター付き窓を取付する為に窓枠廻りに化粧木材を寸法と建て付けを計算して設置します。
シャッター付き窓
そしてサッシを取付します。外部側のサッシと切った外壁の隙間をラスカット貼ります。隙間はウレタンコーキングにて防水処理をします。その後に内部化粧木材にオイルステンを塗布して窓の建て付け、クレセント(窓の鍵)を調整して室内側は完成です。次の日にラスカットの上を左官で仕上げます。最後に足場を解体して完成です。
クロス
洗面所のクロスも花柄の物に新しく貼替致しました。工事後に施主様からシャッターも付いたので安心して毎日、熟睡出来ます。又、洗面所はクロスを変えたので明るくなったと喜んで頂きました。兵庫県西宮市
ベランダの雨除け
いつもお世話になっているM様から、台風で2階の雨除けが曲がったので修理をして欲しいとお電話を頂きました。早速現地にて確認をした所、テラス屋根全体が曲り、柱が折れ、パネルが割れていました。これでは修繕対応は不可です。今回は既存の雨除けを解体して取り外し、新しい雨除けを取付する事をご提案しました。
テラス屋根
しかし、寸法確認をしていると雨除けの下に付いている、コンクリートの庇がベランダの出幅と同じぐらい出ている事に気づきました。これではベランダの中に屋根を受ける前柱が設置出来ません。庇を加工して施工する訳にも行きません。
YKK
そこで1階から足場を設置して既存、雨除けを解体して、ベランダの屋根を受ける、前柱をガラスを囲っている、スチール箇所に貫通ボルトで取付、前柱の下はL型アングルで取付します。
換気口
外壁上部にある、換気口もみっともない、何とかして欲しいとの事でしたので、アルミ曲げ物の蓋を作成して下部は隙間を開けて通気できるように工夫した物を設置する事をご提案しました。兵庫県尼崎市