尼崎市内にて1階部のテラス空間部と外部との開口に折れ戸型の窓を設置させていただきました♪

折れ戸型窓 全開口窓
今回は尼崎市内の某戸建て住宅現場において、1階部のテラス空間と外部との開口に新規にて折れ戸型(全開口サッシ)の窓を設置させていただきました

元々の開口部は外壁(サイディング)になる為、窓を取り付けるためのアルミ製の角柱をお家側にしっかりと取付していきました

こちらの画像が角柱を取り付け面へと仮当てした所の画像になります
折れ戸型窓 全開口窓
こちらの画像がレーザー照射機を使い垂直と水平を確認しながらお家側に取り付けていっている時の画像になります

この作業を慎重かつ正確に行うことで窓サッシの取り付けがとても容易になりますし、開閉動作がとても快適に行えるようになります

長い期間快適にご使用になっていただきたいので、この作業には時間を費やして正確に行っていきます
折れ戸型窓 全開口窓
こちらの画像が角柱を本固定し終えた画像になります

お家の他の窓と同じお色で商品をお選びいただいたので違和感もございませんでした

この角柱に折れ戸型の窓を取り付けていくことになります
折れ戸型窓 全開口窓
こちらの画像が折れ戸型の窓を設置後に垂直水平を出すために生じた隙間をコーキングをしている所の画像になります

コーキングは水密性能と気密性能を向上させる為にとても重要な工程になります

この作業を外部側と内部側ともに行っていきます

コーキングを終えると工事完了となります

この窓が室内のクローゼットの2つ折れの扉のように動き開閉できます

背が高く大きい窓で重量感がありますが、とても軽やかに開閉操作が行えるんです

1階リビングの掃き出し窓前のテラス部にこの窓を設置したことにより外部とリビングの間に気密の取れたテラスが出来たことになります

ですから、リビングの断熱性能も格段に向上されました

このように意外な場所であっても窓や出入り口を設置できる場合があるんですよ

これからの冬シーズン前に断熱工事として窓のリフォームをされてみてはいかがでしょうか

資料請求やご相談などございましたらお気軽にお問合せください