尼崎市 台風被害で塀と門扉が倒れた現場の下見に伺いました。

台風被害
台風被害で家の廻りの塀が倒れたので見に来て欲しいとご連絡を頂きました。早速現地にて確認した所、木の下地にポリカ波板を打ちつけた塀が全て倒れていました。風災保険で直したいのですが同じように木下地のポリカ波板では又、激しい風が台風が来れば、倒れてしまうので何か違う物でお隣との間仕切りをしたいとの事でした。
フェンス
L字型に曲がっている塀は無事でしたが、こちらも含めて取替を検討したいとのことでした。そこで隙間なく間仕切りしたいかを確認した所、そんなに隣の事もきにしていない、高さが現状の2mあれば良いと言う事でした。
セメントブロック
そこで既存のセメントブロックをハツリ、解体して全て取り外して、新しいセメントブロックを4段積みます。4段積み後にメッシュフェンス高さ1200mmを設置します。メッシュフェンスならば風が通る為、台風時でも倒れにくいと思います。高さも現状と同じく2000mmになりますとご説明した所、L字の角箇所は外部から見える為、何か遮る物をメッシュフェンスに掛けますとの事でした。
台風被害
塀の入り口の門扉も同じ素材で丁番吊りの物でしたが、台風時に塀と同じように倒れた為、アルミのデザインが隙間があり、通風性の良い門扉にする事をご提案致しました。そして門扉吊元を下地のある、家側にさせて頂く事をお願い致しました。次回はこの内容で見積りを作成して持参致します。尼崎市