宝塚市 既存手動シャッターを電動スリットシャッターに取替する下見に伺いました。

手動シャッターから電動シャッター
手動シャッターからスリットシャッターに替えたいとご相談のお電話を頂きました。早速現地にてお話を伺いますと今のコロナウィルスの事を考え、和室の換気がしたいとの事で電動スリットシャッターに枠はそのままでシャッター本体のみを変えたいとの事でした。お家を建てて4年になるとおっしゃっていました。
フレミングJ
まずはサッシを確認した所、YKK AP『フレミングJ』シリーズでした。YKKの商品の場合2000年以降のサッシの場合、取替が可能な商品が多々あります。そしてシャッターの刻印シールも確認、部屋内側のアングルピース(窓枠を取付する場所)の幅と高さを採寸、時々サッシの寸法が加工して変わっている事があります。
スリット
そしてシャッターボックスから下枠までの高さを採寸、後、大事なのが、左の写真のシャッターを受ける部品確認が必要です。物によっては出来ない時もあります。
コンセント
何よりも必要な物が電動スリットシャッターに取替する為、電気が必要です。最初、施主様は室内側のコンセントから電気を取る事を検討しましたが露室配線になる為、モール化粧材が丸見えですとお伝えした所、室外側の曲がった箇所に防水コンセントがある事を教えて頂きました。室外側だけで電気を繋げれば外壁も傷付くことなくシャッターが付きます。室外の防水コンセントの100Vからシャッターまでは露室しますので化粧配管で仕上げる事をご説明しました。納得して頂きましたので、次回、電気工事も含めた手動シャッターから電動スリットシャッターに本体のみを取替する見積書を提出致します。最後にタイマーリモコン(設定時間がきたら勝手に開閉する)オプションと通常リモコンの2種類作成致します。