西宮市内の戸建て現場にて玄関ドアをリフォーム工事させていただきました♪

リフォーム玄関工事
今回は西宮市内の某戸建て住宅現場において、片開きドアを最新のモデルへとリフォーム工事させていただきました

旧玄関ドアは重量のある木製のドアでした

経年劣化の為にドア本体の下部が擦れてしまっている状態でございました

旧玄関ドアを取り外し、ランマ部に組み込まれているガラスも取り外していきました

その後、ドアとランマ部の間にあった横桟(無目枠)を切断撤去していきました
リフォーム玄関工事
撤去を終えた後に新玄関枠を開口内に設置し、垂直と水平を確認しながら旧玄関枠内に固定していきます

垂直と水平は『レーザー照準器』という工具を使い計測していきました

こちらの画像が『レーザー照準器』にて計測している時の画像になります

メジャーを使い計測していきます
リフォーム玄関工事
新玄関枠を取り付けた後は旧玄関枠を隠す為のカバー工事を行います

この工程は外側と部屋内側の両面行います

この作業により旧玄関感枠は見えなくなります

こちら画像が外側上部の額縁を現場に合わせて切断加工して新玄関枠に取り付けている時の画像になります
リフォーム玄関工事
こちらの画像が外側の額縁取付完了時の画像になります

ご覧の通り、旧玄関枠が見えなくなりました
リフォーム玄関工事
次に玄関ドアを吊り込み、ドアと外壁取り合い部にコーキングを施していきました

コーキングはドアの外側と内側とカバー材をする前に行う内部にも行います

コーキング層が3層になります

この作業により水密と気密性能が保たれます
リフォーム玄関工事
こちらの画像が工事完了後の完成画像になります

今回ご採用いただいた玄関はカギの防犯性能もかなり向上していますし、気密性能や断熱性能も高いモデルになります

この画像からも分かると思いますが、キーをさすカギ穴が見当たらないかと思います

最近の車のキーと同様のリモコンキー型のカギになるので、持っている状態でハンドル部のボタンを押すだけでカギの施錠開錠がおこなえます

とても便利ですよ

玄関工事の事でご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください