兵庫県伊丹市 事務所の木製開きドアの取り替え工事に伺いました。

木製ドア
本日はいつもお世話になっている、S社様の事務所と管理室の入り口の木製建具開きドアの取替工事に伺いました。
建具
最初に既存木製開きドアを解体します。まずはドアクローザー(開閉時にゆっくり閉まる、ドア上部に付いている部品)を取り外します。そしてドア枠と開きドア本体に付いている、丁番を外します。後は握り玉と錠ケースも取り外します。
ドア上部部品
そしてドア枠に新しい丁番、前回使用していた同じ物を設置します。そうすれば前に丁番を付けた箇所の加工した物も見えずに綺麗に納まります。ドア枠側の丁番を付けた後は木製開きドア本体側に建て付けを合わせて取付します。
ドアクローザー
ドア本体が付いた後はドアの開閉をゆっくりと動作させる為にドア上部に付いている、ドアクローザーを取付します。そして最後にレバーハンドルを取付、動作確認をして木製開きドア取付工事の完成です。
レバーハンドル
管理室のドアはサイズは同じですが、防犯の事も考えて、鍵付きの間仕切り錠仕様にしています。施工後、担当の方からドアが閉まる時にバタンとすごい音がしてすごくストレスを感じてました。これで落ち着いて仕事が出来ると喜んで頂きました。兵庫県伊丹市