伊丹市 木のドアの表面材が捲れ、困っている現場に伺いました。

木のドア
いつもお世話になっているI様からガレージの件でご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、ガレージと裏の通路に繋がる木の開きドア下部と廻りの表面材が剥がれてきて見っともないので、何とかしたい、道路に面しているので、廻りの目も気になるとの事でした。
ドア
I様がおっしゃられるように確かにすごく気になります。そこで木のドアはアルミの框ドア、リクシル社製の『ロンカラーフラッシュドア』に取替、ドアの廻りの木材も取り外し、既存の下地材と上部のポリカ波板屋根は残して、既設、下地に新しく構造用合板12mmを貼り、その上面にドアと同じ色に焼き付け塗装した、アルミ切り板1.5mm厚を貼付する事を提案致しました。
ポリカ波板
写真のように下地材とポリカ波板は問題ない為、そのまま残します。出来るだけ、安価にして欲しいと施主様のご希望でそのようにします。
ロンカラーフラッシュドア
次回、この内容にて見積書を作成して、訪問致します。I様から前からずっと気になっていたので、私に相談出来て良かった、早く工事をして欲しいとのお言葉を頂きました。伊丹市