尼崎市の施設で勝手口ドアを新しく取り替え工事させていただきました♪

勝手口カバー工事
今回は尼崎市内の某工場施設において、勝手口ドアを新しく取り替え工事させていただきました

旧ドアは経年劣化の為にドア本体が枠側に擦れてしまっており、開閉操作がやりにくい状態でございました

そこで新しいドアへ壁を壊すことなく取り替える『カバー工事』にて工事をさせていただきました

こちらの画像が取り替え前の旧勝手口の画像になります
勝手口カバー工事
こちらの画像が新勝手口ドアを取り付け終えた完成画像になります

新ドアは鋼板製のフラッシュドアをご採用いただきました

新ドアには2か所のシリンダー(カギ)になり旧ドアに比べ、防犯性能も大きく向上いたしました

操作性の面でも旧ドアは『ノブ型』でしたが新ドアは『レバーハンドル型』なので少しの力で開閉操作が出来るようになりました
勝手口カバー工事
旧枠の中に一回り小さい新枠を垂直水平に丁寧&しっかりと取り付けていきました

旧枠と新枠との間には気密と水密向上のためにコーキングを内外ともに充填していきます


勝手口カバー工事
こちらの画像がドアを開いた時の画像になります

『ドアクローザー』という金物部品があり、勝手に扉がゆっくりと閉まってくれます

強風時などに扉が煽られることもなく安全に出入りが出来ます
勝手口カバー工事
こちらの画像が完成後の室内側からの画像になります

戸先の上部には『ドアガード』といって10センチほど開かないようにする(チェーン式の物もあります)部品も付いております

こちらの工事で半日程度で終えることが出来ますので、お客様に大きくご不便をおかけする事もございません

もちろんですが工事後すぐに快適にご使用になっていただけます

出入り口のドアや引戸の事でお困りごとやご相談などございましたら、お気軽にお問合せください