西宮市・階段手すり部分にポリカ(樹脂板)を取り付けさせていただきました♪

ポリカ 樹脂板
今回は西宮市内の某施設現場において階段手すり部のタテ格子部分にポリカ(樹脂板)を取り付けさせていただきました

小物類を落とした際に階段側へ落下の恐れがある為、安全対策工事になります

もともとの手すりにアルミレール材を上下端に取り付けて、その中にポリカ(樹脂板)をはめ込む工事になります

こちらの画像は工事前の画像になります
ポリカ 樹脂板
こちらの画像が上下アルミレール材を取り付けてポリカ板を切断し組み入れた時の画像になります

このままですとバタバタとゆれてしまいますので、動かないように専用のコーキング材を使用し固定施工を行います
ポリカ 樹脂板
こちらの画像がコーキング処理を施している時の画像になります

隙間無くキレイに仕上げるには少しコツが必要なんですよ

完全に乾くまでは柔らかいですから固まるまでは触れないように注意が必要です
ポリカ 樹脂板
今度は同じく、この画像部分にポリカを取り付けていきます

今度はL字型で、尚且つ傾斜型の手すりになりますから工事の難易度が上がります

まず水平の部分から工事を初めて、その後傾斜部分に取り掛かりました

こちらの画像は工事前の画像になります
ポリカ 樹脂板
こちらの画像はポリカを現場に合わせてカットしている時の画像になります

キレイに仕上がったお部屋を1室、利用させていただきカット作業を行いました

カットは手作業で慎重に行っていました
ポリカ 樹脂板
こちらの画像が傾斜部にポリカを設置し終えた時の画像になります

ポリカは透明ではなくマット調(スリガラス調)になっており、向こう側が程よくぼやけていますね
ポリカ 樹脂板
こちらも同様にバタつき防止の為に、コーキングを施していきました

階段部分なので足を踏み外さないよう注意しながら施工いたしました
ポリカ 樹脂板
こちらの画像がL字型傾斜部へのポリカ工事完了後の画像になります

現場監督様に『初めから付いていたみたいや!』と大変、喜んでいただきました

こう言ったお言葉を頂戴できた時が、とてもやりがいを感じ嬉しく思う瞬間です

今回は施設現場ではございましたが住居でもお困りごとがございましたらどうぞ、お気軽にお問い合わせください

ご希望に添えるようにお客様と共に、一緒に考えさせていただきます