西宮市 マンション北側部屋、かび・結露対策に伺いました。

かび
マンションの廊下側の洋室の湿気が凄くて困っているとご連絡を頂きました。早速現地にて確認した所、確かに湿気でかびがクロスについて施主様からクロスを取替したいとご依頼を頂きました。只、通常の量産タイプのクロスでは同じ事になりそうなので1000番台の少し高価なタイプ吸放湿のクロスをお勧め致しました。吸放湿タイプですと室内の湿気を吸って放出して結露対策に有効です。
内窓
そして窓にはYKK AP内窓『プラマードU』を断熱LOWEガラス仕様でお勧めしました。窓からの結露を抑えます。結露には内窓を設置する事が効果的です。上部窓が引違い窓・下部窓がFIX窓(固定窓)ですが、通常の引違い窓の内窓を設置する事になりました。
結露
そしてリビングの奥の和室ですが、こちらも結露がよく出ると言う事でしたので、内窓を設置する事を希望されました。内観左側からFIX窓+引違い窓の為、同じ設定で内窓は出来るのですが、FIX窓にしてしまうと既存のFIX窓が掃除できないので、3枚建てをご提案しました。3枚建てタイプならば開閉が可能で掃除できます。
ふかし枠
しかし写真のように窓枠下部の内窓を設置箇所には寸法が2cmしかありません。設置するには7cm必要です。畳の上に下地材を置くと畳替えが困難になります。そこでどうしても内窓を取付したいので、畳2枚を70mmふかし材と下地補強材分、切り欠き加工致します。内窓を取付する時に畳職人に指示して自社にて加工して、夕方搬入致します。西宮市