玄関廻りのテラス屋根とセメントブロック壁面の修繕の下見に伺いました。兵庫県尼崎市

テラス屋根
玄関前のアルミテラス屋根の事で相談したいとご連絡を頂きました。早速現地にて確認した所、テラス屋根が下に落ちてきて、危ない為、知り合いの大工さんに木材で補強して頂いたとの事でした。いつまでも木材で支えている訳にも行かないし、セメントブロックも傾き、危険な状態です。何とかして下さいとの事でした。
波板ポリカ
まずはアルミテラス屋根の波板ポリカ屋根材仕様ですが、新しいアルミテラス屋根に取替をご提案しましたが、他の事も有るので、安価にしたいとの事でした。そこで、既存のテラス屋根をアルミ材の梁で幅面を受けて、梁を75mmのアルミ角柱で支え、柱の固定は部材を使用して乾式方法で床に止め、前のセメントブロックにもコの字でしっかりと固定します。
セメントブロック
そして玄関前の前に倒れているセメントブロックはすぐに解体、門戸も解体して、新しくセメントブロックを現状のように高く積むのではなく、4・5段積みにしてアルミ目隠しフェンスを取付、今の門戸の位置は開口を開けて、アルミの角柱で鳥居のように組み、角柱を地面をハツリ、固定した後に新しい門戸を取付する事を提案致しました。
門戸
見積書を提出して、数日後にご注文の依頼を頂きました。工事内容は次回のブログにて報告致します。兵庫県尼崎市