尼崎市 ドア下部の開閉部品フロアヒンジの取替に伺いました。

フロアーヒンジ
以前からドアを閉める時にバタンと閉まり困っているとご連絡を頂きました。早速現地にて下見に伺いますとドアの開閉をゆっくり閉める為に補助する、下部に付いている部品フロアーヒンジが全く働いていませんでした。
ドア開閉部品
確認しますとシブタニ社製の部品で現在はない商品です。そこで部品ごと床から解体して取り外し、大きさの近い、新しい部品に取り替えする事をお勧めしました。それとついでに鍵も故障しているので、新しい物に替えて欲しいとご希望を頂き、後日、ご注文の依頼を頂きました。
ドアの部品
工事時の写真です。タイル床をサンダーで切り、フロアヒンジを取り外します。今回は上手にフロアヒンジを取り出せましたが、場合によってはタイルに傷やひび割れが行くこともございますのでご注意ください。
溶接
既存フロアヒンジを取り外し後は下地のコンクリートの床に振動ドリルで穴を開けて、下地のアンカーを打ち付けます。そして新しいフロアヒンジを位置を合わせて、溶接して固定します。溶接して固定をすればドアの開閉の振動でもビクとも動きません。
ドアの開閉部品
ドアの動作確認後にフロアヒンジの廻りにセメントを流し、仕上げます。最後に新しいシリンダーに取替して完成です。施工後、施主様からこれでドアの開閉をした時に大きい音も出ないし、しっかりと鍵で施錠出来ますと長年のストレスが解消出来たと喜んで頂きました。尼崎市