スタッフブログ

勝手口引き戸
いつもお世話になっております。T様から勝手口で相談したいから、ついでの時によってとお電話を頂きました。早速現地にて下見に伺った所、勝手口ドアが隣のブロック壁に当たり、開ける事が出来ないとの事でした。奥様が洗濯物を出す時にこの勝手口ドアを使用するので困っているとの事でした。
ドアから引き戸
奥様から新しい開けれるドアにしてと言われましたが、開くようにするには相当ドア幅を狭くしないといけない為、無理かなと思います。そこで既存のドア枠は残して、勝手口ドアを壁から切って、枠事外して、引き戸に取替する事をご提案致しました。
引き戸
外壁を切った後の修繕はラスカット材を貼り、モルタルを左官工事で塗り付け、最後に外部は仕上げは外壁の類似の色を勝手口付近に塗装します。内部はラフォレスタ窓枠材のケーシング材+L型化粧材で仕上げますとカタログでご説明いたしました。防犯的にも格子が付いていますし、勝手口ドア本体に窓も付いていますので換気も出来ます。
ドアリモ
最後に勝手口ドアと外部床まで300mm程段差があるので、。洗濯物を持って歩くには危険なので、セメントブロックとモルタルにて左官工事で階段を作成して段差をなくすようにご提案を致しました。そうすれば洗濯物を干す場所まで快適に動けると思います。西宮市
リフォーム玄関ドア
昨年、2重窓を取付させて頂いた、T様から色々とご相談をしたい事があるとお電話を頂きました。早速現地に伺い、お話を確認して所、以前お工事の時にも言われてましたが、まずは玄関ドアを新しくしたいとの事でした。YKKAP『ドアリモ リフォーム玄関ドア』のご紹介もしていたので、換気が出来るように通風デザインをと決まっていました。

ドアリモ
これも以前にご相談を受けていました。1F掃き出し雨戸サッシですが、やっぱり少しだけでも車を車庫に入れるのに隙間が欲しいとの事でした。出来れば雨戸板を外して、雨戸下レールだけでも取って欲しいとご依頼をされました。下レールをサンダーで切って、切った小口をアングル材か何か化粧材で仕上げるように致します。
マドリモ
そして窓ですが、内観左側が開閉できないので、戸車を変えて欲しいと言われましたので、ご確認をした所、20数年前の地震の影響を受けて、窓の下レール箇所が上に上がっており、窓が動かせない状態でした。これは戸車を変えても意味がなく、隙間がないので窓が動かせないとご説明を致しました。
カバー工法
そこで窓をYKKAP『マドリモ』でアルミ複合樹脂窓に既存の枠はそのままでカバー工法にて取替する事をご提案致しました。窓を新しく取付する時に水平を合わせて施工するので窓も動くようになります。そして雨戸板を外すために複層安全防災ガラス仕様で防犯対策をして、以前からご希望の内窓を和障子仕様荒間格子LOWEガラス仕様で取付する事をお勧めしました。西宮市
フェンス 一部交換
今回は西宮市内の某戸建て住宅現場において、フェンス本体のみのお取替えと浴室折戸のリフォーム工事をさせていただきました

初めにフェンスの取り換えから始めさせていただきました

車両がぶつかってしまったとの事でタテ桟が無くなっている部分や凹んでいる状態でした
この損傷した部分のみ(1スパン)のフェンス本体を外しました

フェンス全体の最端部であった為、1枚だけの取り外しで済みました

こちらの画像が旧フェンスを取り外した後の画像になります

現在もメーカー取り扱い中のフェンス本体のみのお取替えですからフェンス主柱を取り外す必要はありませんでした
フェンス 一部交換
損傷したフェンスは幅が切り詰め加工された幅寸法でしたので、規格寸法で手配した新フェンスを旧フェンス幅に合わせて現場で切り詰め加工を行っていきました

こちらの画像が旧フェンスを当てがってカット位置の確認を行っている時の画像になります
フェンス 一部交換
こちらの画像が幅切り詰め加工を終えた時の画像になります

切断カットした後は細部の切り欠き加工を行っていきました

加工を終えた後は元に位置へと復旧していきます
フェンス 一部交換
こちらの画像が復旧後の完成画像になります

掲示物も元通りにして完成です

フェンス工事の次は浴室の戸の取替工事に入らせていただきました
浴室折戸リフォーム
こちらの画像が旧浴室折戸本体を取り外した画像になります

撤去後は新浴室折戸の新枠を旧枠内部に取り付けていきました

この時に若干生じていた歪みを補正しながら新枠を取り付けていきます
浴室折戸リフォーム
新タテ枠を取り付けている時の画像になります

旧枠と新枠の間に歪み補正するためにスペーサーを入れて取り付けていきます

この作業をタテ枠上下枠の4方全て行っていきます

枠の固定を終えるとスペーサーを入れて生じた隙間に水密性能を保つために浴室内外共にコーキング充填作業を施していきます
浴室折戸リフォーム
こちらの画像がコーキングを行う為にテープを貼っている時の画像になります

このテープを貼った後にコーキング材を充填し、専用のコーキングヘラで表面をキレイに仕上げていきます

仕上げた後にテープをはがしてコーキング施工完了です
浴室折戸リフォーム
コーキング施工を終えると折戸本体を新枠内に建て込んでいきます

こちらの画像が建て込み後の動作確認中の画像になります

この時にキレイに仕上げたコーキングを触らないように注意しながら作業を行います
浴室折戸リフォーム
こちらの画像が浴室折戸工事完了の完成画像になります

フェンス工事と合わせて半日程度で終えることが出来ました

リフォーム専用の商品での工事でしたので壁面を取り壊すこともなく終えることができます

また、有効開口も大幅に狭くなることもございません

浴室のドアは水回りという事もあり痛みが生じやすい所になります
ですから、よくご用命いただくリフォーム工事になります

最後に使用方法などをお客様にご説明し、実際に動作確認をしていただいて、大変喜んでいただけました

今回のブログはここまでです。
最後までご覧いただきありがとうございました

あらゆる出入り口にある扉や引戸の事でお困りごとなどございましたら、専門ショップの当店へお気軽にご相談ください
テラス屋根
2階のベランダがお隣の窓から丸見えで困っているとご相談のお電話を頂きました。早速現地にてお話を伺いますとずっと前からお隣様の窓からの視線が気になり、何とかしたいと考えてましたとの事でした。
ソラリア
早速現場確認をさせて頂きます。外観左側の所のみ目隠しをする方法を検討しましたが上部に樋・電気線・電話線があり、ベランダの囲いを利用して、柱を2本建てて、目隠しフェンスの幅を加工して施工をしようと思いましたが、緩衝物が多くて取付が出来ません。
テラス屋根
手前に引いて、壁もなければ、柱を建てる事もできません。何か方法はないかと考え、樋・電気線・電話線を移動を出来ないか施主様にご相談した所、費用を払えば、電話線は移設する事が可能だという事でした。
側面パネル
そこで、YKKAP『テラス屋根 ソラリア』をフラット屋根 柱標準タイプ 専用オプションで外観左側のみ、側面パネルすき間隠し仕様を使えば、電話線の下部にある雨戸板もかわせて、施工する事が可能です。これならばお隣様の窓箇所がベランダより上にありますが、上から下を見ても、視線が合わないようになります。ポリカボネード材(屋根材と側面パネル)の色は見づらい、アースマット調ブルー色をお勧めしました。
勝手口ドア カバー工事
今回は西宮市内の某戸建て住宅現場において、2階ベランダ部への出入口ドアをリフォームさせていただきました

旧ドアは1枚硝子の框ドアタイプが付いておりました

経年劣化の為に隙間が生じており冬には冷気が入ってきてとても寒いとの事でした

こちらの画像が旧ドアを撤去して旧ドア枠だけになった画像です

この開口に新ドアの枠を取り付けていきます
勝手口ドア カバー工事
こちらの画像が分かりにくいですが、新枠を取り付け終えた画像になります

取り付ける際には垂直と水平に狂いの生じてしまった旧枠内で補正しながら新枠を取り付けていきます
勝手口ドア カバー工事
こちらの画像が新ドア本体を吊り込んで動作確認を行った際の画像になります

なぜ、面格子が付いているかと言いますと…。
このドアはガラス部分が上下にスライドして通気が出来る仕様になっているからなんです

鍵を閉めたまま換気ができますから防犯的にも安心ですね(留守にされる際は必ずガラス窓とカギを施錠してください)
勝手口ドア カバー工事
こちらの画像が室内側からの完成画像になります

この上下のガラス面がスライドをします

ガラスも2重構造のペアガラスをご採用いただきました
ペアガラスは断熱性能がとても高いガラスになります

嫌な結露も大幅に抑制されますよ
勝手口ドア カバー工事
こちらの画像がガラス窓部をスライドして通気を出来る状態の画像になります

面格子がくっきりと見えている上部と下部の2ヶ所が開放されますので、効率よく換気と吸気が行えます

最後までブログを読んでいただきありがとうございます

このように特殊な機能をもったドアや防犯性能を高める事、断熱性能を高める事等、お客様のニーズにお応えできる仕様のドアをご提案できるかと思います

出入り口の事でお困りごとなどございましたら、専門ショップの当店へ何なりとご相談ください