スタッフブログ

上吊り引き戸
本日は駅前ビルの3階にある病院、更衣室前の間仕切の壁を一部解体して、開きドアを設置する工事にやって来ました。現状ですと診察室を通らなければ、更衣室に入る事が出来ませんでした。以前、上吊り引き戸を取替工事をさせて頂いた。ご縁で何とか長年の悩みを解決して欲しいとご相談を頂きました。
建具
早速、クロス壁面の壁を木製開きドアの枠が入る寸法の幅と高さ+クリアランス10mmの大きさを炭を打ち、印を入れた後に解体致します。写真のように壁を解体すると軽量鉄骨が入っていますので、サンダーで切り落とし取り除きます。その後に新しい開きドアの枠を取付する為に下地材を設置しなければ、開きドア枠のビスを止めて効かす事が出来ません。解体した廻りに設置します。
開きドア
下地材の木を設置した後は水平を合わせてドア枠を設置します。その後にドア本体に丁番を付けて、ドア枠に取付します。そしてドアが閉まるように錠ケースを設置した後に枠側にストライク受け、錠ケースのベロのような所が入るように加工して取付します。
リビング建材
最後に沓摺(下枠)を取付して、床のクッションフロアーとの隙間をコーキングをして完成です。施工後、先生からこれで診察中にも看護婦さんが気を遣わずに更衣室に入れるとの事でした。伊丹市
内窓
次世代エコポイントを使用して、内窓を取付したいとご相談のご連絡を頂きました。早速、現地にて下見に伺った所、仕事で使用されているお部屋の窓、寝室の窓は窓枠の見込みが70mm以上あり、内窓を取付するのに何も問題はないのですが、リビングの窓の事も施主様が気にされていました。
2重窓
その問題のリビングにやって来ました。写真のようにパッと見ただけで何点か内窓を設置するのに問題がありそうです。では早速、見てみましょう。まずは大きい掃き出しの窓に小さい小窓がL字型で繋がっています。今回は大きい掃き出し窓のみ設置したいとの事でしたので、小窓との繋がっている所に窓枠がないので、窓枠材の代わりに白いシート貼りの木材を設置する事を説明致しました。
ふかし枠
そして窓枠の見込みが30mmしか無いので、4方ふかし枠40mmを利用して内窓を設置致します。ふかし枠を設置後に写真のようにカーテンの開閉が可能か微妙でしたが採寸の結果ギリギリ当たらずに使用が可能です。
断熱対策
下枠は40mmふかしの下に補強材を入れて、窓ガラスが倒れないように致します。この内容で支給に見積書を作成して、ご注文の依頼を頂き、商品を発注をして工事段取りを行い、次世代ポイントの書類を作成いたします。西宮市
イナバ
倉庫の物置き場の事で相談したいとご連絡を頂きました。早速、現地にてお話を伺った所、倉庫に出入りする、階段の手摺前に物置をおきたいとの事でした。荷物を入れる量が足りないと思ったのですが、隣の土地を縮小して販売するのが目的との事でした。
電気工事
しかし、物置を設置する場所に写真のように外灯があります。この外灯は使用したいとの事でした。移設する事を提案致しました。一度、外灯を取り外し、移設したい所もで電気線を延長してモールで化粧を致します。そうすれば元の状態で使用する事が可能です。
物置
電気移設の説明をした後にイナバ物置の欲しい寸法を確認すると家の出入りする導線に入ってしまいます。そこで幅をもう一つ小さいサイズに変更をお勧めしましたが、どうしても施主様の希望の寸法が欲しいとの事でした。
手摺
そこで現在の物置に登る為の階段も必要ないので、既存、手摺を外し、セメントで作成している、階段を解体して幅を寄せる事を提案致しました。そうすれば家に出入りする為にジャマになりません。階段を解体して見える所はタイル修繕を致します。尼崎市
リフォーム玄関ドア
今回は尼崎市内の某戸建て住宅現場において、玄関のドアを最新のドアへとリフォーム工事させていただきました

旧玄関はアルミ製の枠に木製の子扉と扉本体で扉の上部には明り取りのランマ部分がございました

この形状のドアが昔は主流でした

しかし木製のドアは継続的に塗装メンテナンスが必要で塗装が劣化してくると雨水による腐食や反りといった症状が発生してしまう可能性がでてきてしまいます

今回新しくお選びいただいた玄関は全てアルミ製の物をご採用いただきましたので、雨水劣化にはとても強くなりました

こちらの画像が工事前の旧玄関の画像になります
リフォーム玄関ドア
まず初めに旧玄関本体と子扉部、ランマ部を全て撤去し、新しく玄関枠を取り付けるのに干渉する金物類を全て取り除いていきます

大きな開口の中に新しい玄関アルミ枠を垂直水平に取り付けていきました

こちらの画像が取り付けている所の画像になります

家の柱にちゃんと届くようにかなり長い取り付け用ビスでしっかりと固定されます
リフォーム玄関ドア
こちらの画像が新玄関枠を取り付け終えた時の画像になります

次は玄関本体と子扉を枠に建て込み動作確認を行いました
リフォーム玄関ドア
こちらの画像が扉を建て込んだ時の画像になります

動作確認を行いとてもスムーズに動くことを確認しました
リフォーム玄関ドア
こちらの画像が扉を開いた時の画像になります

旧玄関の時と同じような開口寸法になるように計算して設計されておりますので出入りがしにくくなるということもありませんよ

開閉操作するハンドルも大きなバー型のハンドルで楽々操作で開閉が行えます
リフォーム玄関ドア
動作確認後は外部側と部屋内側に旧玄関枠が見えてこないように化粧額縁を加工取付していきます

この仕舞工事によりとても綺麗に仕上がります

お客様にも大変、喜んでいただけました

リフォーム用の玄関シリーズはとても人気があり、メーカーのラインナップも豊富にございます

ですから、きっとお住まいに似合う1品に出会えるはずですよ

資料請求やお見積りのご依頼などございましたら、お気軽にお問合せください
内窓
リフォームされたマンションを購入された、E様からお部屋が寒いので、断熱対策がしたいとご相談の電話を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、リビングも娘様のお部屋にする予定の廊下側の部屋も凄く寒くて困っているので、自ら調べて頂き、YKKAP『プラマードU』内窓をLOWEガラス仕様で設置したいとの事でした。
2重窓
リビングの内観左側は窓枠の見込みが70mm以上ある為、窓枠の中に内窓を設置する事が出来ます。この箇所は何も心配していませんとの事でした。
ふかし枠
リビング内観右側の窓枠は見込みが25mmしかありません。写真のような窓枠の見込みが少ない状態ではそのまま付けられず、施主様から内窓を設置することが不可能ですかと質問されましたので、ふかし枠の種類は25mm・40mm・70mmの3種類から選択出来ます。
ふかし枠
今回は70mmのふかし枠を通常は使用するのですが、少しでも部屋の内側に出したくない、部屋が圧迫すると言う事でしたので、窓枠が25mm、ふかし枠40mm、そして5mmの木を足して、合計見込みを70mm確保致します。そうすれば内窓を取付する事が可能です。説明を聞いて頂き、施主様も安心されました。この内容で見積書を作成いたします。西宮市